トップ >  トラブルシューティング > 事例3:パスポート紛失

2019/01/16事例3:パスポート紛失

1.発生日時
 2018年12月10日(月)

2.派遣国・都市名・派遣先
 台湾 台北市

3.研修の内容(期間)
 合同研究発表会 in 台湾(12/6(木)~12/10(月))

4.トラブルの概要
 合同研究発表会の出国日の朝、学生1名のパスポート紛失が発覚した。当該学生及び本校引率教員1名が台湾国内にてパスポートの仮発行手続きを行ったが、手続きにおよそ丸1日かかった。当初の帰国便はキャンセルし、翌12/11の航空券を手配して1日遅れで帰国することとなった。

5.対処方法とその結果
《パスポートの仮発行手続き》
・紛失発覚後、ホテルロビーにて台湾の日本大使館に電話し、仮発行の手続きを確認。
・戸籍謄本が必要との情報を受け、国内の家族に連絡し、戸籍謄本の準備を依頼。

・タクシーで「台湾出入国及移民署」に移動。(130元)。
・「外国護照遺失紀録表」を記入し提出。
→「紛失・盗難証明書」を発行してもらう。
【必要書類】
 ・写真2枚(その場で撮影。100元)。

・タクシーで「日本台湾交流協会台北事務所」へ移動(240元)
・「渡航書発給申請書」「紛失一般旅券等届出書」を提出
【必要書類】
 ・パスポートのコピー
 ・本籍地記載の住民票or戸籍謄本
  (家族から写真データを携帯に送ってもらい対応→帰国後に原本を郵送する)
 ・写真3枚(その場で撮影。100元)

→パスポート仮発行(590元)
※10時頃に大使館へ電話、11時から移民署へ移動開始し、仮発行を受けたのは15:30頃(いずれも現地時刻)であった。
(いずれの部署もかなり混んでいた)
・出国時及び入国時に、別室に通され10分程度面談があった。

《その他の手続き》
・紛失発覚後、引率教員より本校に電話連絡あり。
・以後、引率教員、国際交流支援室長及び学生支援室職員のライングループを作成し、当該事項に関する情報を共有。
・学生支援室より津山高専事務担当者に連絡。
津山からの連絡を経て旅行業者にキャンセル及び代替便の手配を依頼。(1人あたり16,096円×2(台北→岡山便))
・当該学生及び引率教員は、前日(12/9)に宿泊したホテルに宿泊(1泊11,736円)

6.その他追記事項
・今後、パスポートのコピーだけでなく、戸籍謄本のコピーも持参物品に含める。
・台湾でのパスポート紛失時の手続きについて、事前に下記HPにて確認するよう徹底する。
日本台湾交流協会HP https://www.koryu.or.jp/faq/passport/
・他国での研修の場合でも、紛失時の手続きをあらかじめ確認しておく。

←前のページに戻る

column

あなたとグローバル教育
vol.16

コラム⑯:学生が主体となる津山高専の国際交流&グローバル活動

 2021年4月より、津山高専の国際交流センター長を務めることになりました山口均です。  今回のコラ...

コラム⑯:学生が主体となる津山高専の国際交流&グローバル活動

もっと見る >

コラム⑯:学生が主体となる津山高専の国際交流&グローバル活動

tsuyama

国際交流体験記集

国際交流体験記

参加学生の体験記を読んでみよう。    ※📹マークのプログラム名をクリックすると動画...

国際交流体験記

もっと見る >

国際交流体験記

troubleshooting

国際交流トラブルシューティング集

国際交流トラブルシューティング集

国際交流で起きたトラブル事例を掲載します。

国際交流トラブルシューティング集

もっと見る >

国際交流トラブルシューティング集